¶葬儀とは
葬儀とは、故人を送り出す宗教的な儀式である。
故人のために行うことが前提ではあるが、遺族がけじめをつけるため、逝去をした事実を受け入れるために行うものでもある。
近年ではその形態も変化しており、一般の弔問客を断る、家族葬が増加してきているのである。
家族葬を行うことにより、故人との別れの時間を十分に持つことが出来るので、慌ただしく故人を送り出すということを避けることができ、ゆっくりと時間を過ごすことが出来るようになるのである。

¶ 家族葬とは
家族葬は近年よく見られるようになった新しい形の葬儀である。
少人数による葬儀の形では、遺族のみが主体となる「密葬」が従来より存在するが、それを新しく作り変えたのが「家族葬」という形式であり、関心を集めている。長寿や地域との密着の希薄化、家族構成の変化などにより、社交辞令的な意味合いの弔問は減少してきている。そのため葬儀本来の意義を踏まえ、より簡略化を望む遺族が多くなったため、業界が提案提供しはじめた形が家族葬なのである。
密葬との違いは、密葬は遺族で行われた後に本葬という形をとることも多いが、この新しい形式では一切行われないことである。
簡略化した葬儀に対して、疑問や不満をいう親戚がいるので、家族葬は事前に対策を十分おこなうことが大切だ。

¶ 斎場とは
斎場とは葬式を行う会場のことであり宗派別あるいはその参列する人数別にそれぞれ合わせた式場を用意することが多い。
斎場として最も多いのがフロアタイプの多宗教向けの会場である、これらでは椅子に着席した状態で葬儀をあげることができるため高齢者が多い葬儀においてはこれらの斎場が選ばれる場合が多い。また床に正座して行う会場の場合には仏式の葬儀があげられることが多い。ここで言う仏式とはフランス式ではなく仏教式の意味である。

FAVORITES.

安心して家族葬を任せられるのは|さいたま市であげる家族葬【専門葬儀社案内】

世田谷周辺の葬儀で故人の見送りをするならこちら|永世祭典
神戸エリアで家族葬についてのご相談はこちら;西神戸ルミナリーホール
東京エリアで葬儀についてのご相談はこちらへ≪しんせいどう葬祭≫